子どもと健康 No.106 学校救急処置 保健室での見立てのコツ/ 子どもの尊厳・いのちを守るとは 「いじめ死」「指導死」から考える

KK106

子どもと健康 No.106 学校救急処置 保健室での見立てのコツ/ 子どもの尊厳・いのちを守るとは 「いじめ死」「指導死」から考える

(KK106)
在庫状態 : 在庫有り
¥1,771(税別)
数量

 

特集1 学校救急処置

保健室での見立てのコツ

──フィジカルアセスメントの手法を生かして

鋪野 紀好 千葉大学医学部附属病院 総合診療科

はじめに──総合診療とは

保健室で求められること
短時間で判断するスキルが求められる

外来での診断戦略から考える

判断スキルを早期に上達させるには
キーフィーチャーで仮説の確率を上げる
インフルエンザの場合
子どもが不調を訴えてきた時は、まずは高頻度疾患から原因を探る
直観的診断の盲点を防ぐ──合わない点があるかどうかを常に考える
フィジカルアセスメントで約9割が診断可能
アウトカムを確認する──振り返り(省察)は、判断能力を高める

保健室での内科的対応のコツ

[風邪]

鼻腔(鼻汁/鼻閉>咽頭痛、咳嗽)
急性副鼻腔炎の診断のポイント
副鼻腔炎と間違えやすい髄膜炎の見分け方

咽頭(咽頭痛>鼻汁/鼻閉、咳嗽)

急性咽頭炎の診断のポイント──溶連菌性咽頭炎に注意!
溶連菌性咽頭炎の診断方法
口腔内・咽頭の診察ポイント
頸部リンパ節の触診方法
扁桃周囲膿瘍は見逃していけない!
「のどが痛い!」時の緊急疾患の見分け方

気管(咳嗽>鼻汁/鼻閉、咽頭痛)

急性気管支炎──風邪と、肺炎の見分け方

[頭痛]

片頭痛
緊張型頭痛
片頭痛と緊張型頭痛の見分け方
緊急性が高い症状の判断のポイント

[腹痛]

腹部診察のポイント:診察には、順番がある
①視診のポイント ②聴診のポイント ③触診のポイント
急性虫垂炎
急性腹膜炎──腹膜刺激徴候に注意!
急性腹膜炎──反跳痛を見る
小児の腹痛には、年齢的な特徴がある
過敏性腸症候群と器質的腸疾患の見分け方
速やかに医療機関への搬送が求められる急性腹症と判断する手がかり

まとめとして

咽頭痛のフィジカルアセスメント
頭痛のフィジカルアセスメント
腹痛のフィジカルアセスメント

Q&A

頭痛に関して/バイタル関係/パルスオキシメータに関して/腹部診察について/
腹部診察──問診の仕方について/排尿に関して/
アナフィラキシー/エピペン®に関して/咽頭痛に関して/その他

特集2 子どもの尊厳・いのちを守るとは

「いじめ死」から考える

いじめは子どものSOS

武田 さち子 教育評論家 一般社団法人 ここから未来 理事 全国柔道事故被害者の会アドバイザー

「指導死」から考える

指導で命を失う子は、学校に行かなければ
死なずに済んだこども

大貫 隆志 「指導死」親の会 共同代表 一般社団法人 ここから未来 代表理事

連載 第3回 「養護教諭の仕事」って?

子どもにとって必要な検診?〜ピロリ菌検査〜

臼井 千浪 神奈川県中学校 養護教諭

連載 第3回 今こそ見つめなおしたい養護教諭の原点

──養護教諭が歩むひとすじの道

縦割り行政のはざまで

鈴木 裕子 国士舘大学文学部教育学科准教授 元養護教諭

寄稿

朝学活で行なう認知行動療法に基づく
子ども向け不安予防教育プログラムの実践

不安な気持ちと上手につき合うコツを学ぼう

吉田 理子 千葉県公立小学校 養護教諭