子どもと健康 No.107 ゼロから知る「LGBT」

KK107

子どもと健康 No.107 ゼロから知る「LGBT」

(KK107)
在庫状態 : 在庫有り
¥1,771(税別)
数量

 

LGBTs支援の最前線に立つ教員に求められる役割
日高 庸晴 宝塚大学看護学部 教授

「LGBT」は健康教育の1コマ
及川 比呂子 神奈川県三浦市立初声小学校 総括養護教諭

人権教育として保健師といっしょに
高嶋 幸子 都立高等学校 養護教諭

性の多様性と学校教育
─子どもの性的権利の視点から─
内海﨑 貴子 川村学園女子大学教育学部 教授

LGBTを含めた全ての子どもが、
ありのままの自分で大人になれる社会をめざして
藥師 実芳 特定非営利活動法人ReBit 代表理事

心の中の偏見と差別意識に気づく
──不安なく自分らしく生き抜くために
蜂須賀 裕子 フリーランスライター

連載 第4回 「養護教諭の仕事」って?
集団予防接種──学校は予防接種の会場ではない
高嶋 幸子 公立高等学校養護教諭

連載 第4回 今こそ見つめなおしたい養護教諭の原点
──養護教諭が歩むひとすじの道
欲しがりません勝つまでは
鈴木 裕子 国士舘大学文学部教育学科教授 元養護教諭

東日本大震災被災地報告
■原発事故から8年目を迎えて
子どもたちの健康被害は? 甲状腺がんは?
牛山 元美 さがみ生協病院 内科部長 循環器専門医 3.11甲状腺がん子ども基金顧問