女も男も No.124 ワークヘルスバランス

ON124

女も男も No.124 ワークヘルスバランス

(ON124)
在庫状態 : 在庫有り
¥1,771(税別)
数量

 

PART 1 女性の健康を守るとりくみの歴史といま

女性が健康に働き続ける権利を求めて

──これまでのあゆみと今後の課題

小澤 利野(日本教職員組合 女性部長)

「女性の健康の包括的支援に関する法律」について考える

──産む・産まないを選ぶ女性の自己決定はどこにある?

大橋 由香子(フリーライター・編集者)

PART 2 女性特有の病気と働く環境

20歳からのワークヘルスバランス

──仕事とのバランスをとるためにも知っておきたい女性特有の病気

早乙女 智子(産婦人科医)

職場に求めたい女性特有の病気への理解

──情報提供と当事者の自己決定を支えあう活動を展開

子宮筋腫・内膜症体験者の会「たんぽぽ」

《探る・深める》生理休暇獲得の歴史から学ぶ

田口 亜紗(成城大学民俗学研究所 研究員)

PART 3 働く女性の妊娠・出産、不妊治療

マタニティハラスメントをなくすために

──妊娠経験者の4人に1人がマタハラの被害に

鈴木 るり(日本労働組合総連合会 男女平等局次長)

《探る・深める》マタニティハラスメントが問いかける「労働のあり方」

杉浦 浩美(立教大学社会福祉研究所 特任研究員)

安心して不妊治療を受けられる環境を

──検査段階から診断書なしでとれる休暇制度を獲得

中島 佳代子(茨城県教組 女性部長)、小澤 利野(日教組 女性部長)

仕事と不妊治療のジレンマを抱える体験者たちを支援

──妊娠・出産・不妊についての正しい知識をもってもらいたい

松本 亜樹子(NPO法人Fine 理事長)

●不妊治療休暇・休職制度導入の動き

●厚生労働省が事業主向けに不妊治療支援を求める冊子を発行

PART 4 働きながらの更年期

働く女性のメノポーズ(更年期)

──更年期は人生のターニングポイント

NPO法人女性の健康とメノポーズ協会

●更年期世代の健康支援策① 女性の健康セミナーの実施

●更年期世代の健康支援策② 更年期障害休暇制度の導入

教育の現場にも更年期対策を

──周りの理解と安心して休める制度・環境を求めて

田中 みどり(福岡県教職員組合 女性部副部長)