女も男も No.125 セクシュアルマイノリティ──性の多様性と教育

ON125

女も男も No.125 セクシュアルマイノリティ──性の多様性と教育

(ON125)
在庫状態 : 在庫僅少
¥1,771(税別)
数量

 

PART 1 LGBTを理解する

社会的孤立から社会的受容へ

──LGBTの存在認知を

原 ミナ汰(NPO法人共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク代表)

レズビアン、バイセクシュアル女性、トランスジェンダーの人々からみた暴力

──50人の当事者へのインタビューから

山下 梓(ゲイジャパンニュース共同代表)

体の性別にもグラデーションがあります

──「インターセックス」ってどんな人?

新井 祥(エッセイ漫画家・デザイン専門学校講師)

PART 2 LGBTと学校教育

教育現場で配慮と支援が必要なセクシュアルマイノリティ

日高 庸晴(宝塚大学看護学部教授)

多様な性のありようを子どもにどう伝えるか

池上 千寿子(NPO法人ぷれいす東京理事)

『教職員のためのセクシュアル・マイノリティサポートブック』作成の
取り組みと教育実践

福嶋 明美(奈良教職員組合)

人権研修「セクシュアル・マイノリティと学校生活」を実施して

森永 雅世(奈良教職員組合)

「教育が変われば社会が変わる」を信じて

──LGBT当事者による出張授業

藥師 実芳(特定非営利活動法人ReBit代表理事)

【アンケート】 LGBTの子どもをもつ親が教職員に望むこと

PART 3 10代、20代のLGBTはいま

〔若者座談会〕性別でひとくくりにせずに「その人」をみてほしい

はるきさん、ぐりすけさん、れんとさん、エクさん、ミズミズさん

出会いが世界を広げていく

土肥 いつき(トランスジェンダー生徒交流会世話人)

【資料】 日教組女性部の性的マイノリティを含むジェンダー平等・人権教育に関するとりくみ

PART 4 【鼎談】LGBTとして、教員として

ひまわりさん、かんまるさん、いつきさん

●セクシュアルマイノリティの自助グループ、相談窓口など