女も男も No.129 生活時間を取り戻す──労働時間規制のあり方を探る

ON129

女も男も No.129 生活時間を取り戻す──労働時間規制のあり方を探る

(ON129)
在庫状態 : 在庫有り
¥1,771(税別)
数量

PART 1 長時間労働は私たちから何を奪っているのか

「かえせ☆生活時間プロジェクト」がめざすもの

浅倉むつ子(早稲田大学法学学術院教授)

仕事と家庭のはざまで葛藤する男性

多賀 太(関西大学文学部教授)

朝夕食卓に全員がそろう核家族は2割以下に過ぎない

品田知美(早稲田大学文学学術院非常勤講師)

《探る・深める》「週3日労働で生きさせろ!」をテーマに掲げて

伊藤みどり(働く女性の全国センター副代表)

PART 2 長時間労働の原因と是正策を探る

電通事件はなぜ起こったのか

北 健一(ジャーナリスト)

実効性のある長時間労働の抑制策を

笠置裕亮(弁護士)

《探る・深める》時短の歴史からみた労働時間の思想

西谷 敏(大阪市立大学名誉教授)

PART 3 教職員の多忙化改善と生活時間の確保に向けて

生活時間を取り戻す「調整休暇制度」を提言

毛塚勝利(法政大学大学院客員教授)

ワーク・ライフ・バランスの中のジェンダー格差

油布佐和子(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)

日教組「超勤・多忙化解消検討委員会」の取り組み

内海早苗(女性部長、16年度「超勤・多忙化解消検討委員会」委員)

「ノー部活デー」実施で生活と仕事を見直すきっかけに

──兵庫県養父市の中学教員に聞く

PART 4 労働組合の労働時間規制の取り組み

〈取り組み事例①〉勤務間インターバル制導入で「休息時間の見える化」が進む

情報労連 KDDI労働組合

〈取り組み事例②〉超勤縮減へ向けた部活動休養日の設定、実施

岩手県教職員組合

〈取り組み事例③〉所定労働時間短縮によって、全員で真の働き方改革実現へ

フード連合 味の素労働組合

〈取り組み事例④〉教職員互助会に「超過勤務縮減プロジェクト」を設置

滋賀県教職員組合