女も男も No.134 セクシュアリティ教育

ON134

女も男も No.134 セクシュアリティ教育

(ON134)
在庫状態 : 在庫有り
¥1,771(税別)
数量

PART 1 セクシュアリティ教育のいま、これから

じぶんごととしての包括的性教育へ
──『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』から学ぶ日本の性教育の課題
堀川 修平(都留文科大学非常勤講師)

都教委「性教育の手引」を検証する
水野 哲夫(“人間と性”教育研究協議会代表幹事)

人権教育としてのセクシュアリティ教育
──教育実践に取り組むために
内海﨑 貴子(川村学園女子大学教育学部教授)

安心・安全な学校づくりのために
──性的トラブルと境界線
野坂 祐子(大阪大学大学院准教授)

【対談】 『ジェンダー平等教育実践資料集─多様性を排除しない社会にむけて─』の活用を
大橋 由紀子(日教組女性部長)、内海 早苗(日教組前女性部長)

 

PART 2 セクシュアリティ教育実践

〈性教育実践①保育園〉 自分のからだといのちを守るための、5歳児への性教育
安永 愛香(社会福祉法人どろんこ会理事長)

●子どもと読みたい 性と生の絵本

〈性教育実践②小学校〉 もっと知りたい自分のこと──性の多様性を学ぶ
及川 比呂子(神奈川県三浦市立初声小学校養護教員)

〈性教育実践③中学校〉 生徒のニーズに応じた性教育実践
越 安子(公立中学校教員)

〈性教育実践④特別支援学校〉 歌や踊りを交えて楽しい&記憶に残る授業に
船木 雄太郎(公立支援学校養護教諭)

《探る・深める》 つくられたボディ・イメージに抗して
千田 有紀(武蔵大学社会学部教授)

 

PART 3 民間団体のとりくみに学ぶ、協働する

性教育は性のポジティブな部分から
福田 和子(#なんでないの プロジェクト)

《探る・深める》 私のからだは私のもの
大橋 由香子(フリーライター・編集者)

「性的同意」とは自分も相手も尊重する人間関係のこと
大澤 祥子(ちゃぶ台返し女子アクション共同代表理事)

対等でお互いを尊重する関係性を学ぶ
──デートDV予防教育
阿部 真紀(NPO法人エンパワメントかながわ理事長)

思いがけない妊娠にとまどう人に寄り添う
土屋 麻由美(NPO法人ピッコラーレ副代表)

男性の性被害はなぜ認知されにくいのか?
──セクシュアル・トラウマ・インフォームド・ケアの提案
熊谷 珠美(Center for HEART代表、臨床心理士)

 

●BOOK GUIDE