女も男も No.137 私のからだは私のもの

ON137

女も男も No.137 私のからだは私のもの

(ON137)
在庫状態 : 在庫有り
¥1,948(税込)
数量

PART 1 女性の健康政策の現在

形骸化するリプロダクティブ・ヘルス/ライツ
──男女共同参画基本計画、国の政策はどう変わってきたのか

小林 わかば(団体職員)

 

緊急避妊薬の市販化にむけて
──#緊急避妊薬を薬局で

染矢 明日香(NPO法人ピルコン理事長)

 

不妊治療支援策は女たちの支援になるのか

長沖 暁子(元慶応義塾大学准教授)

 

リプロダクティブ・ライツは人権である

塚原 久美(RHRリテラシー研究所代表)

 

《探る・深める》
同意と強制のあいだで決めるのは誰?
──優生手術(不妊化)と人工妊娠中絶

大橋 由香子(フリーライター、編集者)

 

PART 2 10代の妊娠・出産・中絶

妊娠をした高校生に対する学校関係者の支援の課題
──養護教諭を対象とした調査をもとに

落合 賀津子(北里大学看護学部教職課程准教授)

 

妊娠・出産した生徒たちへの支援の体験から

横山 和代(仮名)・和田 秀美(仮名)(沖縄県立高校教員)

 

医療機関における10代の妊娠への支援

幸﨑 若菜(医療法人社団向日葵会まつしま病院助産師)

 

妊娠相談から養子縁組まで
──18歳の妊婦、Qちゃんを例に

白井 千晶(静岡大学人文社会科学部社会学科教授)

 

「中絶についてもっと話そう!」
──国際セーフ・アボーション・デーJapanプロジェクトのオンライントークから

片山 亜紀(獨協大学教員)

 

PART 3 セクシュアリティ教育の課題

【対談】
子どもたちの自己決定能力をはぐくむ包括的性教育

西嶋 保子(日教組女性部長)・内海 早苗(日教組元女性部長)

 

『ヨーロッパにおけるセクシュアリティ教育スタンダード』とは何か

池谷 壽夫(了徳寺大学教養部教授)

 

学校教育で避妊・中絶はどのように扱われているか

にじいろ(思春期保健相談士、元養護教諭)

 

日常に性教育を
──行動を変えるための環境整備をめざして

鶴田 七瀬(一般社団法人ソウレッジ代表)

 

《探る・深める》
思春期男子の謎ルールを語る
──『#ボクらは誰も傷つけたくない』で伝えたいこと

松田 明功(ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン事務局)